気になる京都の地名Ⅱ

1 09 2010

こんにちは。

九月になりました。

まだまだ暑い夏です。

日はだんだん短くなっていくのに真夏みたいに暑いんです。

昨日のわが家の二階は最高気温を更新しました。 38.2度 ありました。

♪♪ さて今日は、京都  下京区 

京の町家 六条 をご紹介します。

      

住所が、下京区天使突抜町 というところです。

昨日書いた百足屋町という地名も変わっていますが、この 天使突抜町 も相当変わった地名ですね!!

この天使突抜町という地名にも、歴史や、文化など、いろいろな要素が絡んでいるようですね。

この、天使突抜町 という地名の由来の記事のご紹介を!!(リビング京都より)

★天使突抜町、1丁目から4丁目まであります。その由来といわれる「 五條天神社 」 。社伝によると平安遷都のころ、大和国宇陀郡(奈良県)から移されたのが始まり。「天神」は「てんしん」と読み、「天つ神(あまつかみ)」、すなわち天の使いである少彦名命(すくなひこなのみこと)をまつっているそうです。

後鳥羽天皇の時代に「五條天神宮」と名前を改めましたが、当初の名前は「天使の宮(天使社)」だったそう。

現在は小さな神社ですが、かつては広大な境内で、同神社の由緒略記よると「東西四丁、南北五丁」あり、南は六条あたりまであったそうです。

この鎮守の森の中を、「南北に五丁もある天神様の細道が続いていた」と神社の資料にあり、これが天使突抜町を通る東中筋通のもとになったとも考えられます。

突抜」の由来は、豊臣秀吉の京都都市改造によって、東中筋通が神社の敷地を突き抜けるように造られたためともいわれます。★

と。

♪♪ そんな、天使突抜町にある町屋の貸家

小型犬も飼育可です。




気になる「京都」の本

18 06 2010

先日、私たちが住んでいる京都で育まれた歴史や文化に関して、発行されている書物が紹介されていました。

その中で、気になる、買って読みたいなって思った本を2冊紹介します。

ひとつ目は、「京の町家案内」

 

♪♪ 近年、注目されている京都の町屋。この本では、先人たちの智恵や美意識、遊び心が詰まった町家の構造やデザインをカラー写真とともに紹介しています。他にも町家での暮らし方やしきたりについてのエッセーやコラム、町家で営業している店など、盛りだくさんの内容。 ♪♪

★ハウスネットワークが、紹介し、営業してられるお店も、載ってたらうれしいな!!★

ふたつ目は、「京都の大路小路」

   

♪♪ 碁盤の目のように並ぶ109もの京都の道。それぞれの歴史について、本書では趣のあるペン画と地図を添えてわかりやすく解説しています。毎日通る道でも意外と知らない道でもまるでそこを歩いているような気分になれる、親しみやすい一冊です。 ♪♪

以上のような、紹介文でした。

★町家のテナント探しや、賃貸マンション探しの時、

このよううな本をよんで、いろいろな情報を知っていたら、数倍楽しく、探すことができそうですね!!★




京都出町の見た目町家風、気になるパン屋さん

14 06 2010

4年前 2006年に、出町通今出川上がったところに、ステキなパン屋さんがオープンしました。

外観が、京都の町家風で、全然パン屋さんらしくないんです。

初めて買いに行った時、ビックリ!!縦型の格子戸、閉まっていたので全然わからなかった。

ちょっと通り過ぎて「アレッ、おかしい、ここら辺へんやのに????」

振り向いて、見つけました。格子戸がありました。

おそるおそる格子戸を引いて開け、中に入りました。

先日の京都新聞折込に、このパン屋さんのことが載ってましたので、紹介しますね。

★実力派のパン屋さん。06年に葵橋店をオープン。

 同店では、井戸を掘り井戸水で生地をこねています。ミネラル豊富な水を使うとしっとりした食感に仕上がるのだとか。熟成と発酵のバランスが1番のこだわり。0.5度違っても香りや食感が変わってしまうといいます。

 バタールはイル・ギオットーネにも卸してイル自信作。米国でグランプリを取ったカリフォルニア宇治も人気。豆乳食パンもお薦めです。イートインもできます。★

私も、フランスパン大好きです。

人気だと言うカリフォルニア宇治は、まだ食べた事がないので、今度は忘れずに買って食べてみます。

入口は、ホントに町家みたいなので、行かれる時は通り過ぎないでね。