寒い冬に!

21 01 2011

こんにちは。

毎日寒い日が続きますね。

昨日は大寒。ホントに寒いです。

朝、洗濯ものを干している時、手が、かじかんで洗濯挟みがうまく挟めません。

♪♪ さて、そんな寒い冬を乗り切るために、体を温める食べ物の記事のご紹介を。

“基本的に、寒い地方の食材、冬が旬の食材は体を温める効果のあるようです。

寒い冬は、血流を良くするビタミンEを含む食材(かぼちゃ、春菊、ブロッコリー、ほうれん草など)や、生姜やニンニク、ネギなどの香味野菜根菜類がおすすめです。そして温かいものを食べるようにしましょう。

また、食べ過ぎると胃腸に血液が集まり、他の臓器や筋肉に流れる血液の量が減少してしまうため、腹八分目を心がけましょう。“

ということです。参考にしてくださいね。

★  さて、今日、ご紹介する賃貸マンションは、上京区

K の物件です。

『 CASA338

☆洋室8帖のお部屋です☆

☆落ち着いた雰囲気の御所北エリア☆

☆京阪 出町柳 駅へも徒歩8分☆

☆バイク駐輪可です☆




気になる口内炎!

24 06 2010

今日は朝から快晴!

暑くなりそう。朝から洗濯物たくさん干してきました。干場が東向きなので太陽が、ガンガン首筋に・・・。あ~紫外線が・・・。

2、3日前から、口内炎なんです。下唇の左側にふたつもできてます。

若いときから、よく口内炎でなやんでいます。

気が付いたら、ついつい舌でその場所をさわってます。

まだ今日はましな方で、明日、明後日とだんだんピークに向かっているんです。こわ~い

あのピーク時の痛さ、知ってはりますか?せっかくの休日を、あの痛さで過ごすのかと思うと、憂鬱で・・・。

口内炎の薬を、塗ったりもしますが、何か効いてる実感がありません。

ビタミンも飲んだりするんですが。

薬のことについては

※傷や潰瘍で細菌が繁殖すると、白血球など免疫細胞が戦いを始めます。この戦いで組織が破壊されることが炎症、すなわち痛みとなります。ステロイド剤は、免疫細胞の働きを抑制し痛みを和らげます。つまり、原因をなくすのではなく、症状を緩和させる、対症療法です。※

とありました。また、

※口内炎を根本から治すためには、口の中の細菌の繁殖を抑える必要があります。そのためには、殺菌成分入りのうがい薬や洗口液(せんこうえき)を使ったブクブクうがいが効果的です。※

口の中に傷ができたとき、口内炎ができたと気づいたときなどにすれば、効果があるそう。

そうとわかっていても、なかなか実行できません。

で、痛い~いた~いってなるわけで・・・。

★口内炎がしばらくできていない時、口内炎の話がでても、最近口内炎できてないってことは絶対人には言いません。言った途端できそうな気がする~!!★

  • 薬を塗って治す → まずは殺菌ブクブクうがい
  • 薬を飲んで治す → 飲み薬はビタミンB2不足の人だけ

と、ありました。