気になる座席

29 09 2010

こんにちは。

今日は朝からいいお天気ですね。秋晴れです。気持ちがいいですね。

鴨川 の流れも昨日より水の量が減っていましたが、キレイに流れていました。

♪♪ 毎朝、京阪電車 でこの、出町柳 駅で降りて会社に向かうんですが、朝一番にサラサラとキレイに流れる鴨川を眺めるのは、ホントに気持ちがいいものです。

鴨川の近く! 鴨川が見える!!

そんな 賃貸マンション を探されるお客さんが多いのも、うなずけますね。

そこで今日は、気持ちのいい鴨川の近くの賃貸マンション のご紹介です。

京都市 上京区 の エクレール葵 

   ベランダから大文字が丸見えです!!

   ベランダは通りと逆で静かですよ~!!

♪♪ さて、そんな鴨川近くの会社への私の交通手段は、行き帰り 京阪電車 です。

京阪電車と言えば、いつも気になることがあります。

今、京阪電車は、横並びの座席ばっかりの車輌と、二人掛けの座席の前後に横並びの座席が付いた車輌がありますね。

 (横並びの座席ばっかりの車輌)

 

(二人掛けの座席の前後に横並びの座席が付いた車輌)

違い、わかりますか??

気になるのは、全部が横並びの座席の車輌でのことです。

座席に座るときに、みんな、隣との間を30~40㎝くらい空けて座っています。

少し立っている人が増えてきても、横に詰めようとはしません。詰めたらひとり悠々と座れるのに。

その3~40㎝くらいの隙間の前に立っている人、ずっと立っていると思いきや、前あたりの人が降りて席が空くと、ちゃんと座らはります。

と言うことは、ちゃんと座れる分空いていたら座らはるんです。

なかなか3~40㎝の隙間に、

「ちょっと、すみません」

って言って座れないですもんね~。わかります!!

人がたくさん乗ってきたら、もう少し詰め合ったらいいのにな~。

と、いつも思ってしまう通勤時間です。

その点、特急の横並びは、空いているときは窮屈ですが、座席シートが一人用に区切ってあるので、いらぬ心配をしないですみます。


Actions

Information