気になる京都の地名

21 07 2010

こんにちは。

今日は朝6時半くらいに地震がありましたね。

私、ちょうど顔を洗っていた頃で全然気づかなくて・・・。

震源地は奈良県で、 京都も震度 3 と。 それくらいやと、絶対気がつくのにおかしいな~。

何してたんでしょうね~。

でも、地震怖いですね。先日の鴨川氾濫で水害も、もちろん怖いですが・・・。

♪♪ 今日は 京都 の地名のことを紹介しますね。

京都の一番の繁華街、四条河原町から少し西へ行ったところに “ 京極 “ ってありますね。

   

♪♪ ある記事によると

“ 京極の地名は平安京の東京極大路から発している。京極とは平安京の端の街路という意味で、東と西に東京極大路 と 西京極大路 があった。

古代の東京極大路は今日の寺町通 にあたり、町名としては下京区に京極町(寺町通の高辻―松原間)がある。

寺町通の名は、豊臣秀吉によって洛中に点在する寺院を一ヶ所に集めて寺院町が作られた年に始まる。

西京極大路の街路は現在では失われたが、右京区の西京極 の町名に引き継がれ、その名は運動公園や阪急の駅名でよく知られている。

(新京極通は寺町通(京極)の東に新たに作られた道路なので、「新京極」という。明治5年に開かれた近代の街路で、寺町の寺院の奥の土地を利用して芝居小屋などを設け歓楽街とするねらいで作られた。かつては多くの劇場や映画館で繁栄し、現在では観光土産店が多く、修学旅行生などでにぎわっている。)

♪♪ この繁華街の名にあやかれば集客効果が得られると考えたのか、商店街の名として京都市内で 「~京極」 の名で流行して名づけられたそうです。

・西陣京極(上京区千本中立売東入の通り)

・松原京極(下京区の大宮通から新町通までの松原通)

・田中京極(左京区の元田中駅付近)

・山科京極(山科駅の南)、

そして寺町京極。

♪♪ 私が知っているのは、山科京極だけ。

    

♪♪ 確かに山科駅前から少し南に下がった位置にあり、昔は人通りの多い商店街だったんでしょうね。

でも今は人がたくさん集まる場所がもっと南に下がっています。年月と共に移り変わっています。

西陣京極、松原京極、田中京極も、今はどんな感じなのでしょうネ?!


Actions

Information